Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 未来への礎となる家づくり

  • 株式会社丹羽組で専務取締役を務めております丹羽剛仁です。みなさん新年あけましておめでとうございます。今年のお正月をどのようにお過ごしになりましたでしょうか。僕は元旦に息子と一緒に氏神様へ初詣に、2日に娘と一緒にバーゲンに行った以外は、ほとんど仕事もしくは仕事に関する情報収集に明け暮れていました。

  • ちょっとした宿題のようなものを休み明け早々に提出しなければならなかったのでやむを得ずなのですが、気が張っていたので何とか乗り切ることができました。それでもずっと張り詰めたままではいつか伸びきってしまいます。そうならないよう、忙しいのが一段落したら休むのも仕事のうちと思って休みを取ろうと思います。あ、この仕事意識がいけないのか(笑)。

  • さて、昨年は東日本大震災と福島第一原子力発電所事故を筆頭に、国内外で歴史をひっくり返すような重大な出来事が続けざまに起こり、社会の有り様が大きく変化してしまいました。それも時間が経てばまたもとどおりになるような生やさしい変化ではありません。

  • さらに底が見えない少子高齢化、回復の糸口がつかめない経済、伸び悩む税収と増え続ける政府債務残高という状況が重なり、これからの日本に対してとても楽観的な期待を抱くことができなくなっています。そこに追い打ちを掛けるように消費税率アップが決定されようとしているのです。

  • このような厳しい状況の中で、人生最大の買い物である家づくりを進めていくのは並大抵のことではありません。でもそんな時代だからこそ、弊社の家づくりを通してご家族の夢をかなえるお手伝いをしなければならないと強く思うのです。

  • 厳しい時代にあっても、未来をつくる子どもたちが家族と一緒にたくさん思い出を育んで「やっぱり家っていいな、家族っていいな」と思ってくれるような、未来への礎となる家づくり。そこから日本の復活が始まると信じて、今年も家づくりに取り組んでいきます。

  • 株式会社丹羽組は今年も「町医者のような工務店」として、みなさんが抱えている問題・要望に対して適切な処方を行い、家族の幸せづくりのお手伝いをしてまいります。どうかご期待くださいますようお願い申し上げます。

  • それでは!
    スポンサーサイト
  • 0 Comments

    Add your comment