Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 キャッチアンドリリース

  • 今日は愛知中小企業家同友会・尾張東青年同友会の飯島室担当10月例会打ち上げ。報告者の株式会社名神総合サービス・菅沼克二さんも招待したので、会場にはちょっとかしこまって名古屋・栄の奥座敷とも言うべき神楽家佐助をチョイス。8人の予定が前日に1名業務都合で、当日にも1名インフルエンザでリタイアしたので、6名というこじんまりした食事会となった。とは言えここの料理は本当に美味しいので、ウキウキワクワクしながら運ばれてくるのを待った。こんなメニューだった↓

    20091121-01.jpg

  • 一品目。穴子の煮凍り 文甲烏賊の焼霜のせ。煮凍りの食感が何とも言えません。

    20091121-02.jpg

  • 二品目。フォアグラの茶碗蒸し。トレビアンな一品でした。

    20091121-03.jpg

  • 三品目。鰤・地鶏ステーキ仕立て。鰤と地鶏がマッチングゥ?(既に死語)!

    20091121-04.jpg

  • 四品目。伊勢地鶏と九条葱の伊勢芋鍋。伊勢名物でも赤福は入ってません。

    20091121-05.jpg

  • 五品目。豆のりご飯 赤出汁 香の物。和食は胃にもたれないから食が進むなぁ。

    20091121-06.jpg

  • 六品目。びわ、柿ゼリー 赤ワインソース。二人分ワシワシと食べた。

    20091121-07.jpg

  • とここまでは快調だったが、食後だんだんと気分が悪くなりトイレに籠城。自分に負けまいと格闘したが、それも空しく残念な結果となってしまった。まあ仕方ない。美味しかった思い出だけを脳裏に焼き付けよう。キャッチアンドリリース(リバース?)。俺にはよくあることだから。
    スポンサーサイト
  • 0 Comments

    Add your comment