Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 秋のお祭

  • 今日は町内のお祭。といっても近年ではすっかり質素になり、子ども会主催で小学生が法被を着て獅子舞で町内を練り歩き、各世帯を訪問して「お小遣いをおねだりする」ことくらいしか行事はない。昔は町内の小さな公園で町民運動会が主催されていたのだが、主催者だった親睦会という団体が解体されてしまって久しく、今ではそんなことを知っている人も少なくなった。よそから引っ越してきた人が増えて昔の農村然とした神野町の風土が薄れているということもあるし、昔からの人も世代交代が進んでそうした町内行事に対する意識が変わっているということもある。とにかく、時が経てばいろんなことが変わってしまうものだ。

  • さて、獅子舞にはうちの長男も参加した。当然我が家にも「おねだり」に来たが、母と一緒に出かけていたので長男の法被姿を目にすることはできなかった。残念。町内に響き渡る「わっしょい!」の声を聴けただけでもよかったとするか。写真は五条川の堤防から熊野神社の参道を写した一枚。鳥居の向こうに獅子舞の一行も見える。秋祭だけあって、その年の収穫を熊野神社の神様に奉納するお祭だったらしい。2枚の幟の下の方に目をやると見たことのある名前が…

    20091012-01.jpg
    スポンサーサイト
  • 0 Comments

    Add your comment