Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ニシエヒガシエ

今日は耐震ポールの完了検査ダブルヘッダー。
しかも愛知県の東の端と西の端という強行軍だ。

AM7時40分過ぎ、担当の星君と二人で会社を出発し東名高速道路を一路豊橋へ。AM9時26分に豊橋鉄道渥美線高師駅で(株)シーク建築研究所の柳瀬さんと落ち合い、目的地であるN様宅へ向かう(5月3日7月2日の記事を参照)。

20050810-01.jpg
これは南側広縁前に取り付けたポール。
何だか和風の佇まいにも馴染んでいて違和感がない。

20050810-02.jpg
梁までの途中に庇がある場合はこのように切り欠いてポールを通す。

20050810-03.jpg
庇の上はこんな感じ。

20050810-04.jpg
建物東側の狭い隙間にもちゃんとポールは立っている。
配管状況にもよるが、境界から外壁面まで60cm以上離れていれば施工可能だ。

平日であるため、契約当事者であるN様ご本人は残念ながら同席できなかったが、留守を守るお母様が我々を応対してくれた。庭先の鉢には、先日弊社社長=僕の父が持参したメダカ達が涼しげに泳いでいた。

ちなみに我が家の庭には、N様のお母様からいただいた「ゆすらうめ」が植わっている。こういうご縁は大切にしたい。これからも家内の実家に行ったときはなるべく顔を出すようにしよう。

終了後、今度は西へ向けて大移動開始。
豊橋市内?豊川IC?東名高速道路?名古屋IC?東名阪自動車道?清洲東ICと走り、清須市内で昼食。その後、目的地である稲沢市祖父江町のK様宅へ。

ここは平屋で鋼製ポール2本という補強内容だ。

20050810-05.jpg
北側のポール。手前に見えるのは真新しいエコキュート。

20050810-06.jpg
南側のポール。工事が終わって暫く経つせいか、既に軒下の一角にすっかり馴染んでいる。

こちらも契約当事者のK様は不在で奥様に応対していただく。川釣り師であるK様は、鮎の友釣りトップシーズンに家でじっとしていられるはずもなく、今日も岐阜方面へ出掛けていったとのことだ。定年退職後に思う存分趣味の世界に没頭している幸せな方だと思う。

PM3時過ぎに柳瀬さんをJR尾張一宮駅へ送り届け、文字どおり東奔西走の一日は終わった。

それにしても、これで今年9棟目の耐震ポール完工。

この事業は3人でやっているので爆発的には伸びるというようなことはないが、星君を耐震ポール専任とした昨年夏から途切れずに仕事があるというのは本当にありがたい。やはり耐震補強のような仕事は、色気を出さずに媚びたりせずに真面目に誠実に求道者のようにやっていくことが肝要なんだろうな。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。