Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 立山黒部アルペンルート

  • 昨日から岩倉市建設協力会の研修旅行で富山県に。一日目は能登半島の付け根にある氷見市というところでゴルフ。ちなみにさんざんなスコア(T^T)。二日目は立山黒部アルペンルート観光。立山駅からケーブルカー乗車・美女平駅で下車。そこから高原バスに乗り、標高2,450メートルの室堂へ。途中、、有名な「雪の大谷」を見る。今年は雪が多くなかったせいかそんなに高い雪壁ではなかったが、それでも8メートル以上はあったはず。

    20090519-01.jpg

  • 室堂に着いてからはミクリガ池周辺を散策。残雪の上を悪戦苦闘しながら1時間ほど歩く。途中、偶然にも雷鳥に遭遇。頑張った甲斐があった。

    20090519-02.jpg

  • 室堂駅からトロリーバスに乗り立山直下を縦貫して大観峰駅へ、続いてロープウェイに乗り黒部平駅へ移動。大観峰駅から遙か眼下の黒部平駅と黒部湖を見下ろした1枚。エメラルドグリーンの湖面が美しい。

    20090519-03.jpg

  • こちらは黒部平駅から大観峰駅を見上げた1枚。あんな場所にどうやって建物や構築物を作ったのか理解に苦しむ。凄すぎる。

    20090519-04.jpg

  • 黒部平駅からケーブルカーに乗り、ようやく黒部湖にたどり着く。ダムはまだ放水していなかったのでちょっと残念だったが、当時の金額で513億の巨費が投じられ、延べ1,000万人もの人手により、実に7年の歳月を経て完成した日本最大級のダムの圧倒的な迫力は十分に伝わってきた。記念に立山をバックにパチリ。

    20090519-05.jpg
    スポンサーサイト
  • - 0 Comments

    Add your comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。