Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 コロの悲哀

  • 祝日明けの火曜日の今日は朝から町内清掃。毎週やってるせいかゴミがだんだん少なくなっている。人間の心理的にきれいなところでは気が引けてゴミを捨てにくく、汚いところでは気が大きくなってゴミを捨てやすいものである。我々の使命は大量のゴミを拾うことではなく、ゴミを捨てにくい環境を維持することであるとは言えまいか。

  • 10時からはI様邸新築工事の地鎮祭。人間様が頭を垂れてご祈祷を受けている間、飼い犬のコロはまったく落ち着かない様子。

    20061010-01.jpg

  • そのコロ、住職が建物内外のお祓いのため目の前を通りかかると、その鮮やかな黄色の袈裟に驚いたのか猛烈な勢いで吠えまくった。当然の如く飼い主様から容赦なく叩かれていたコロがカワイソス。

    20061010-02.jpg

  • 午後からは先週に引き続き名古屋銀行経営者クラブ主催の「経営戦略プラン作成研修」。バランススコアカードに興味津々。夜19時30分からは青年同友会連絡協議会・青全交PJの反省会に参加。青全交を振り返り、来るべき卒業式PJに向けて一同決意を新たにした。それにしても個性的なメンバーが新城PJLを中心によくまとまったものである。楽しかったなあ。
    スポンサーサイト
  • - 2 Comments

    井戸淳午  

    お忙しい様子ですね。しかしコロの気持ちも分かる様な気がします、何故ってコロも(衣)が派手だから・・・。

    2006/10/14 (Sat) 00:13 | EDIT | REPLY |   

    丹羽剛仁  

    住職の悲哀

    井戸さんコメントありがとうございます。
    コロも可哀想ですが、お祓いの最中に危うくコロの糞を踏みそうになった住職もお気の毒でした。ウンが付いて良かったのかも(*゚ー゚)

    2006/10/15 (Sun) 14:26 | EDIT | REPLY |   

    Add your comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。