Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 凱旋門賞を見て

  • 待ちに待った凱旋門賞だったが、ディープインパクトは負けてしまった。日本近代競馬の歴史が変わる瞬間に立ち会えることを期待していたが、残念ながら夢は露と消えた。何よりも連を外して3着に落ちてしまったことがショックでならない。後から来た馬に差されるディープを見るのがこんなに辛いとは思わなかった。

  • 敗因はいろいろあるだろうが、やはりぶっつけのローテーションだったことが一番大きいだろう。凱旋門賞で実績のない日本の馬であればなおさら、人知を尽くして完璧なローテーションを組むべきだった。関係者も内心それは分かっていたはずだ。しかしそれができなかったのは無敗の三冠馬という金看板とファンやJRAからの過剰な期待があったからではないか。結果論だが、壮行レースとなった宝塚記念への出走は余計だったのだ。

  • 関係者は今回の雪辱を果たすため、来年の現役続行を検討しているという。是非そうしてもらいたいではないか。来年こそエルコンドルパサーに倣って春先に渡欧し、凱旋門賞に目標を定めた完璧なローテーションを組むのだ。このままサンデーサイレンスの子で溢れかえる日本で種牡馬入りするより、来年凱旋門賞に勝って欧米で種牡馬入りした方がディープインパクトの名前を歴史に残せる。関係者には是非英断を期待したい。来年も飛べ!ディープインパクト。
    スポンサーサイト
  • 0 Comments

    Add your comment