Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 頭がチンチンに煮詰まったときには

  • 朝7時起床。体調は5?6割程度の回復具合だが今日はお客様のところへ行かねばならない。8時過ぎに出社し、資料を揃えて蟹江町のお客様宅へ。今日は久し振りに耐震ポールの初回訪問だ。

  • 約束の9時半少し前に到着。自己紹介の後、ノートPCを取り出してパワーポイントでプレゼン。同時にお客様からの質問に答えていく。事前の情報収集により耐震ポールの長所をきちんと理解してらっしゃる方のようで、こちらとしても説明のしがいがある。建物と敷地の現況を確認し、10日以内に概算見積を提出することを約束して昼前に失礼する。

  • 12時半頃に帰宅。昼食は家族揃って来来亭一宮浅野店へ。僕はかねてより一度食べてみたいと思っていた、1日30食限定の葱ラーメンをオーダー。背脂系のこってりスープが絡んだ麺と九条ねぎを一緒に食べると意外とあっさりした風味。けっこう病み付きになりそうな予感♪

    20060903-01.jpg


  • その後はダイヤモンドシティ・キリオまで足を伸ばして夕食の買い物。帰宅後、無性に村上春樹が読みたくなって『神の子どもたちはみな踊る』を本棚から取り出して読み耽る。目の前の現実ばかりを考えて頭がチンチンに煮詰まったときには、小説を読んで想像を膨らませるとクリエイティヴな機能を回復することができるようだ。文化的な暮らしが必要だな。

    神の子どもたちはみな踊る 神の子どもたちはみな踊る
    村上 春樹 (2002/02)
    新潮社

    この商品の詳細を見る
    スポンサーサイト
  • - 2 Comments

    たなかなおた  

    重油ラーメン

    呑助飯店の重油ラーメンはまだ克服できていませんか?

    2006/09/05 (Tue) 13:04 | EDIT | REPLY |   

    丹羽剛仁  

    呑助はトラウマです(,,゚Д゚)

    おお、なおちゃん!コメントありがと!
    あれ以来呑助飯店には行ってないよ。
    意外と知名度が高くて、行ったことのある人が多いのにビックリ!次回の名古屋襲来時にはもっとまともな店にご案内します。

    2006/09/05 (Tue) 13:08 | EDIT | REPLY |   

    Add your comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。