Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 恐怖の重油ラーメン

  • 大学時代の親友・田中君が会社の後輩・伊藤君を引き連れ名古屋襲来。同友会の役員会終了後の22時過ぎに錦3で落ち合う。既に夕方からの会食で鳥すき、ひつまぶし、味仙の台湾ラーメンを平らげている彼らだったが、最後の締めにもう一杯ラーメンを食べたいという。ケータイのラーメン情報サイトで検索し、今池の六つ星店・呑助飯店に行くことにした。

  • 僕と伊藤君はチャーシューメンA(スープ油濃口)を、田中君はラーメンB(スープ油薄口)をオーダー。どんなおいしいラーメンが出てくるのかとワクワクしながら待っていたのだが…出てきたのは世にも恐ろしい油まみれのラーメンだった。豚骨を焦がして作ったというスープは真っ黒。それに大量の油(ラード?サラダ油?)をブレンドしてあるのだが、油が多すぎてスープを味わうことは最早不可能。しかも油でガードされ湯気が立っていない!好き好きだろうが、僕にはちょっとNG。何とか麺だけは完食したが、チャーシューは残してしまい2人の分を奢るハメに。生きていくとはかくも厳しいことなのか。

    20060810-01.jpg
    スポンサーサイト
  • - 4 Comments

    鈴木 肇  

    ぬぁ!思い出した・・

    丹羽さんお疲れ様です。
    今池の呑助・・・
    私も10年くらい前に行きました。
    最初はギョーザが美味しいよってことで、「ビールのツマミに最高だね」なんて気分よく食べていたのですが、やっぱり締めにラーメンが欲しくなってオーダー。
    出てきた代物は丹羽さんのコメント通り 世にも恐ろしい油まみれのラーメン でした(T_T)/~~~
    とりあえず恐怖に怯えながら一口・・・。
    ハイ、僕には全然無理でした。
    麺をスープの下に押し込んで終了。
    後日会社の社員にそのことを話したら「俺は美味かったよ」でした。
    味覚って不思議ですよね~。

    2006/08/17 (Thu) 18:16 | EDIT | REPLY |   

    丹羽剛仁  

    餃子は美味しかったんですね(T^T)

    鈴木さんコメントありがとうございます。
    呑助の破壊力は度胆を抜くほどでした。
    しかし貴社の社員さんは強者ですね。
    ひょっとしてスープも飲み干したのでは?
    健康を気遣うよう言ってあげて下さい(笑)。

    2006/08/17 (Thu) 20:28 | EDIT | REPLY |   

    ピンクの豚  

    なつかしい~
    呑助・・・・・
    よく食べました!!
    今はスープなんて飲めないだろうな・・・・

    2006/08/26 (Sat) 06:30 | EDIT | REPLY |   

    丹羽剛仁  

    有名店なんですねえ!

    ピンクの豚さんコメントありがとうございます。
    昔はスープ全部飲んでたんですね。
    内蔵のつくりが常人とは違うんでしょうか???

    2006/08/31 (Thu) 09:31 | EDIT | REPLY |   

    Add your comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。