Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 変わりゆくマーケットに思う

  • 今日は木製建具や内装建材などのメーカー・東洋プライウッドの新商品展示会を見にポートメッセ名古屋まで行ってきた。新しい商品ライン・PASTIOではユーザーのライフスタイルを6つに分類し、より多様化するニーズにきめ細かく対応することを試みようとしている。ということは、提案する我々も感性を磨き上げお客様のライフスタイルに対する鋭い洞察眼を持たなければ、お客様にニーズにもメーカーの商品戦略にもついて行けないことになる。課題を感じつつ会場を後にした。

  • 家に帰ってからネットで検索してみると、東洋プライウッドは住友林業のグループ会社になっていたことが分かった。そう言えばナスステンレスは東建コーポレーションに取り込まれ、三協アルミと立山アルミは経営統合して三協立山アルミとなっている。少子高齢化が進みパイが益々小さくなる住宅市場においては今後一段と再編が進んでいくだろう。

  • さて我々のような地場の工務店はどうやって生き残っていけばよいのか。良いものを作れば売れるなどという、化石のような「作り手の論理」を捨て去らなければ早晩市場からの退出を迫られるだろう。お客様の役に立てるか、お客様の欲しいものを提供できるか、その大原則を愚直なまでに追究することから道は開けてくるのではないか。
    スポンサーサイト
  • - 0 Comments

    Add your comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。