Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 宅急便の父、逝く

  • ヤマト運輸「宅急便」生みの親 小倉昌男元社長が死去
    FujiSankei Business i. on the Web 2005/7/1

    ヤマト運輸元社長の小倉昌男氏が亡くなった。80歳だった。
    体調を崩されていたことは何かで読んで知っていたが、それにしてもあまりに急な訃報にショックを受けている。

    有名な方なので詳しい説明は省略するが、僕が感銘を受けるのは氏の信念の強さである。

    長距離・大量輸送が主流で一般消費者向けの小口配送などに見向きもしなかった陸運業界の常識を破り、消費者の立場に立ちゼロベースからまったく新しい市場を造るとの信念のもと、社内の猛反対を押し切り1976年に宅急便を開始。見事に広範な消費者の支持を獲得し業界の盟主の座に君臨する。

    また、路線免許申請を5年間も放置した運輸省相手の行政訴訟、親書の取扱いを巡る郵政省との闘いなど、孤立無援の逆風の中でも一歩も引かず自らの信念を貫き通し勝利を勝ち取った。

    退任後は私財を投じヤマト福祉財団を設立。月給の平均が1万円だった障害者福祉施設の実態に衝撃を受け、経営の概念を導入し真の意味での障害者の自活に向けて改革を展開していく。その結果、焼きたてパンのチェーン店を展開するなどして月給10万円を実現させた。

    「保護ではなく自立を支援するのがノーマライゼーション(等しく生きる社会の実現)」という哲学が素晴らしい。障害者を色メガネで見ようとせず、見下したりせず、平等な存在として暮らせるよう手をさしのべている。常人にはなかなかできることではない。

    こういう人は人生の密度が全然違う。まもなく37歳になろうかという僕にはその差を埋めることなどできない。仕方のないことだ。

    しかし、そんな小倉氏の存在を知ることができたのは幸運と言っていい。知らないままで終わるのとではエライ違いだ。

    小倉氏から学んだことを、どんな些細なことでも良いから、ひとつでも身に付けて実践していきたいと思う。

    ということで、皆さんも小倉氏の著書を是非ご一読下さい。


    さすが近代日本の会社経営に大きな影響を与えた人の訃報に対する記事だけあって、「常務日記」みたいな日陰のブログ(?)にもトラックバックがたくさんついた。何か嬉しい(^○^)

    みなさんそれぞれの視点で小倉氏を捉えていて立派だと思う。

    僕が小倉氏を初めて知ったのは、前に勤めていた鹿島建設の新事業開発本部で当時の本部長が40歳以下の若手社員を招集し、「既成概念にとらわれず、まったくのゼロベースから新市場を創出することができるような事業を企画せよ」との勅旨が下された時である。

    その時本部長が引き合いに出したのが小倉氏と宅急便事業で、故に小倉氏は僕らにとって「ゼロベース市場の偉大なる聖人」だったのである。

    しかし情けないことに、僕が小倉氏の本当の凄さを知ったのはそれから4年後、氏の著作「経営はロマンだ!私の履歴書・小倉昌男」を読んでからである。

    この機会に小倉氏をもっと深く知りたいと思う。
    まずはこの本から。

    スポンサーサイト
  • - 1 Comments

    jetblue  

    TBありがとうございます。

    確かに小倉さんが世の残した功績は、
    大変すばらしいものですね。
    若者へのメッセージとして、
    志をもってがんばってほしいとインタビューに
    応じてある記事を読んで、改めて
    自分自身の志の低さに悔しさを感じました。
    小倉さんの精神を少しでも参考に、
    もっと精進していかなくてはと改めて思っております。

    2005/07/01 (Fri) 20:58 | EDIT | REPLY |   

    Add your comment

    - 3 Trackbacks

    Click to send a trackback(FC2 User)
    この記事へのトラックバック
    •  宅急便生みの親逝去
    • 宅急便生みの親、ヤマト運輸元会長の小倉昌男氏が死去とのこと、郵政民営化法案が通る
    • 2005.07.01 (Fri) 19:42 | 時事を考える
    この記事へのトラックバック
    •  小倉昌男氏の逝去を悼む
    •  「クロネコヤマトの宅急便」の創案者の小倉昌男さんが、逝去された。享年80歳とか
    • 2005.07.02 (Sat) 08:22 | けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト
    この記事へのトラックバック
    •  追悼・小倉昌男さん
    • 今年逝去されました、ヤマト福祉財団の小倉昌男さんの「お別れ会」が今月8日、東京都
    • 2005.08.12 (Fri) 02:47 | 微熱日記
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。