Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 父の日の出来事

  • 日曜日の今日は気合いの入った朝食。いつもはトースト2枚かシリアルと相場は決まっているのだが、珍しく4人揃っての朝食なので妻が張り切ったのだ。茄子とクリームチーズのグリルやピザトーストを美味しくいただく。子供たちはスクランブルエッグくらいしか食べなかったが・・・

    20060618-01.jpg


  • 朝8時から子供会主催の町内廃品回収に4人で出掛ける。約1時間、各家庭の玄関先に出された古新聞、古雑誌、ダンボールなどを集めて回る。ビニール紐の縛り方一つ取っても奥様方の性格が分かる。生きていく上で「人を知り世間を知る」ことはとても大切なのだと改めて実感。どんな人からも何かを学べる。

  • 午後からは、岩倉市公民館での教育関連のイベントに長女の通うバレエ団が客演するので見に行く。1時間早く会場に入ったら子供の教育をテーマにしたパネルディスカッションが行われていて、僕の中学時代の英語の担任だったH先生がパネリストとして自らの経験に基づく教育論を語っていた。声を掛けることができなかったのが残念。続いてバレエ団の公演が開幕。いつもより狭い舞台に四苦八苦しているのが伝わってくる。とても踊りにくそうだったがみんな一生懸命頑張った。お団子頭の女の子達が揃うと本当に可愛らしい。

  • 夕方は、父の日のプレゼントを持ってお客様宅を回る。どのお客様もとても喜んでくださった。最近になって季節の行事を大切にする日本人の気質がだんだんと分かってきた気がする。もっとも、父の日は日本の行事ではないが・・・

  • さて、今ワールドカップの日本vsクロアチア戦を見ながらこの記事を書いている。川口のファインセーブで窮地を凌いだが、さて勝利の女神はどちらにほほえむのか?
    スポンサーサイト
  • - 5 Comments

    井戸淳午  

    朝から素晴しい奥様の手料理に、廃品回収にと充実した一日を起こられたようで良かったですね。廃品回収はお子さんもきっと勉強になり、御父さんと一緒に行えて良い体験だったのではないでしょうか?何時もながら丹羽さんの家族に対する愛情の一生懸命さに頭が下がります。その点私は、忙しさにかまけています反省ですね。

    2006/06/19 (Mon) 21:54 | EDIT | REPLY |   

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2006/06/20 (Tue) 08:49 | EDIT | REPLY |   

    丹羽剛仁  

    家族思いの井戸さんには敵いません!

    井戸さんコメントありがとうございます。
    妻と子供達は僕の生きがいなのです。でも場当たり的な家族孝行しかできていないのでその点は反省です。廃品回収もきっと遊びの延長くらいにしか思っていないでしょうけど、こういう体験の積み重ねが大切なのでしょうね。

    2006/06/20 (Tue) 10:12 | EDIT | REPLY |   

    厚地優彦  

    うらまやすぃ~

    充実した1日を過ごされていますね。

    私は、一人でBarへ行き、皆と(知らない人たちなのですが…)日本の応援をしていました。

    2006/06/20 (Tue) 19:06 | EDIT | REPLY |   

    丹羽剛仁  

    一人でBarも良いですね!

    厚地さんコメントありがとうございます。
    いろいろなことやってますが充実していたかどうかは分かりません。いつも反省ばかりで自分を褒めることができないのは何故でしょうか?

    2006/06/21 (Wed) 09:21 | EDIT | REPLY |   

    Add your comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。