Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 物事の二面性

  • 僕の思考はとかくマイナス思考になりがちだ。それ故失敗に極端に弱い。原因を自分の至らなさや能力のなさにばかり求めてふさぎ込み、次から気をつけようとはなかなか考えられずに失敗した事実を引き摺ってしまう。特に最近はその傾向が強く、ひどいときには労働意欲にさえ悪影響を及ぼす。

  • しかし先日ある人から「物事には二面性がある。あなたが短所だと思っていることは、別の視点で見れば長所にも成りうる。そのように考える習慣をつけなさい」とのアドバイスをもらった。例えば、失敗に弱いのは完璧主義者で責任感が強いことの裏返し。仕事に時間がかかるのは慎重で細やかな心配りをすることの裏返し。そのように考えていけばマイナス思考はやがてプラス思考へと転換するだろうということだ。

  • このように同じ事実でも違う視点で捉えることによって、人生はいくらでも変わっていく。マイナス思考に支配され続ける限り何事においても成功は覚束無い。プラス思考で長所を伸ばす行動を意識的にとっていけば結果はおのずとついてくる。よし、これからは僕の尊敬する株式会社武蔵野の小山社長のこんな言葉を座右の銘にしよう。

    「超一流とは、物事の長所しか見えない人です」
    スポンサーサイト
  • - 4 Comments

    井戸淳午  

    人間ですから気分の乗るとき乗らないとき、体調のいいとき悪いときがありますね。それが人間であってだから人間でしょうね。人はそれぞれ置かれた環境化で頑張ればいいのではないですか?丹羽さんは丹羽さんの井戸は井戸の置かれた立場で頑張れば。物事も裏を返せば逆の考えも出てきますし、考えようですね。

    2006/03/29 (Wed) 16:11 | EDIT | REPLY |   

    丹羽剛仁  

    悲しい性で・・・

    井戸さんコメントありがとうございます。
    人間という生き物が時々分からなくなります。こういうとき神や仏の教えに答えを求めたくなるのでしょう。一緒に座禅でも組みに行きましょうか(^^ゞ

    2006/03/29 (Wed) 18:07 | EDIT | REPLY |   

    nakase  

    深いな~

    先日、三河の石田さん松井さんと一杯やりました。

    私達の時間を地球46億年の歴史から見れば、ほんの一瞬の出来事でいったい何が出来るのだろうと言う話になりました。

    また、
    石田さんは、戦国武将の話が好きで 
    『一瞬でも立ち止まった瞬間、後ろから切られる。とにかく前に出るしかないんだよ』 が口癖です。

    平和な時代に日本と言う豊な国に生まれた私達の使命とは、何なんでしょうか?
    ボチボチ
    ファイナルアンサーのような気がする今日この頃です。

    2006/03/29 (Wed) 21:13 | EDIT | REPLY |   

    丹羽剛仁  

    ファイナルアンサーねえ・・・

    中瀬さんコメントありがとうございます。
    平和な時代だろうが戦争の時代だろうが愛する子供達や家族や地球のために生きたいですね。日常業務にもそんな気持ちで取り組みたいです。

    2006/03/29 (Wed) 23:20 | EDIT | REPLY |   

    Add your comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。