Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 春に咲くか?フサイチジャンク

  • 今日の阪神11レースは皐月賞トライアルの若葉ステークス。1999年までは中山競馬場で開催されており、トウカイテイオー、ビワハヤヒデ、ジェニュインといったクラシックホースを輩出してきた重要なレースである。今年はここまで3戦全勝のフサイチジャンクと、ダービー馬アドマイヤベガの全弟であるキャプテンベガが駒を進めてきた。

  • 事前から一騎打ちムードが漂う中、レースを制したのは一番人気のフサイチジャンク。5分のスタートから道中は後方から3頭目の外目を追走。中段外目のキャプテンベガを見ながらレースを進める展開。4コーナーを回って先に抜け出したのはキャプテンベガの方だったが、武豊が大外に出して追い始めると一完歩毎に差を詰め、残り100m辺りで捕らえると3/4馬身の差をつけてゴールに飛び込んだ。

  • 派手さはないがセンスの良さを感じさせるレース振り。コロンとしたパワータイプの馬体だが速い脚も使えるところを証明している。過去4戦すべてが200mという臨戦過程にも好感が持てる。唯一の不安材料は重賞未出走で一線級との対戦がないところ。その点ではアドマイヤムーンやフサイチリシャールの方に分があるのは明らかで、この馬が実力に見合うだけの結果を残すようになるのは秋以降であるとは言えないだろうか。マンハッタンカフェによく似ているので菊花賞辺りで花咲くのかも。

  • 朝から体調が悪くて遂にダウン。行き付けのカミノクリニックでは風邪だろうとのことだったが・・・とにかくしっかり休んで疲れを癒したい。
    スポンサーサイト
  • 2 Comments

    井戸淳午  

    丹羽さんも風邪ですか、私も昨日からいけません。でもやること一杯あるし今日は何とか頑張ります。「フサイチ」とはM社前社長の所有馬ですね、そう言えば義母の実家は戦前から続いていた歯科医院ですが、名古屋競馬で馬を持っていたそうです。

    2006/03/20 (Mon) 12:09 | EDIT | REPLY |   

    丹羽剛仁  

    何であんなにお金持ちなんでしょ?

    井戸さんコメントありがとうございます。
    ミスターセキグチはホントに凄いですね。バイタリティがあるとかいう以前に人間とは違う生き物です。もっともああなりたいとは思いませんが(笑)。僕もそのうち笠松競馬で馬主になりたいです。

    2006/03/20 (Mon) 14:58 | EDIT | REPLY |   

    Add your comment