Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ダイヤモンドステークスか?春の天皇賞

今日は威厳の低下著しい春の天皇賞である。前年の年度代表馬もクラシックホースも出てこない、まるでG3のダイヤモンドステークスのようなメンバーである。

性懲りもなく一番人気になっているのは何と前年に続いてリンカーン菊花賞2着阪神大賞典勝ちで長距離適性を評価されているようだが、そのいずれもザッツザプレンティとの勝ち負けである。昨年の不甲斐ないレース振りを見てもG1馬のレベルではない。あっさり切り捨てた。

と言うことで僕が選んだのは
マカイビーディーヴァ(豪の女傑・力上位と見た)
ヒシミラクル(復調したら長距離適性はここでは上位)
アイポッパー(堅実に走るサッカーボーイ産駒)
シルクフェイマス(調子上向き)
の4頭。これをボックスで買って万全・・・のはずだった。

勝ったのはご承知のとおりアンカツのスズカマンボ
例年なら有力候補となる阪神大賞典産経大阪杯日経賞あたりの勝ち馬が高齢で能力的にもビミョーだったので、大阪?ハンブルグC組でも勝ち負けになったのかもしれないが、それにしても・・・
もはやこれはメジロマックイーンライスシャワーが勝ったのと同じレースではない。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。