Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 JIOの外装下地検査に向けて

みなさん、こんにちは!
ニワホーム社長の丹羽です。

江南市力長町のY様邸新築工事は
ますます快調に進んでいます。

外部では明日の外装下地検査に向けて
サイディング職人が透湿防水シートを施工中。

この外装下地検査は住宅瑕疵担保責任保険に
加入するための3つの現場検査の1つなのですが、
先に行う基礎配筋検査と躯体検査の2つと違って、
わざわざ追加でお金を払って行うオプション検査です。

でも、引渡後に発生する瑕疵事故の
実に94%が「雨漏り」。
その雨漏りを防止するための
外装下地を何も検査しないというのは
何だか怖いですよね。

だからニワホームの家づくりでは
この外装下地検査を標準として組み込み、
すべての家づくりにおいて実施しています。

建築士の資格を持った第三者の検査員が
検査基準に基づき厳しくチェックしてくれるので、
入居後に雨漏りが発生するリスクがグッと減ります。
だから安心の暮らしが末永く続くのですね。

あなたは外装下地検査ありの家づくりを選びますか?
それとも、なしの家づくりを選びますか?


IMG_3799.jpg
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。