Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 違法木材は使いません!

みなさん、こんにちは!
ニワホーム社長の丹羽です。

6月になりました。
暦の上では夏ですが、
暑くなったり冷え込んだりで
体調管理が大変です。

ちなみに私事ですが、
この時期になって突然
花粉症が悪化して辛いです。
気合いと根性だけでは
どうにもなりません(泣)。

さて今日は木材の話をします。

新築であろうとリフォームであろうと、
お家の工事をする時は必ず木材を使いますね。

完成すれば壁の中に隠れてしまう柱、床や
屋根の下地になる合板、
そして仕上材のフローリングなど、
ありとあらゆるところに使われています。

でも、日本で使われている木材の約1割が、
森林を違法伐採して加工された木材であることを
ご存じでしょうか?

アジアの森林国では
豊かな自然環境を保ち地球温暖化の進行を抑えるため、
森林の乱開発防止に取り組んでいます。
しかし法制度の網をかいくぐった違法伐採は
一向になくなりません。

このような事態を防ぐために、
欧米では違法木材輸入を規制する
法制度の整備が進んでいますが、
大量消費国である日本の取り組みは、
先進国の中で遅れ気味です。

その結果、法制度のある米国では
5%以下にとどまっている違法木材の輸入が、
日本では高止まりしたままになっているのです。

違法伐採による森林破壊は
地球温暖化だけでなく、
生物多様性の減少等にも繋がる環境問題です。
これからの時代を生きる子ども達に、
過去の環境破壊のツケを回すことは
絶対に許されません。
何としても私たちの世代で
解決しなくてはなりません。

そのために国もいよいよ本腰を入れてきました。
去る5月13日
「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」
が参議院で可決・成立したのです。

問題解決に向けての大きな一歩ですが、
あくまで「規制」でなく「促進」なので、
これから問題が解決に向かうかどうかは、
事業者自身の意識と姿勢にかかっている
と言っても過言ではありません。

だからニワホームは立ち上がります。
「違法木材は使いません」
と宣言します。
地球温暖化や生物多様性減少に繋がることは、
今後絶対にしないと誓います。

私たちにできることは、
吹けば飛ぶような小さなことかもしれません。
しかし志に賛同してくれる人が一人また一人と増え、
やがて大きなうねりとなり、
事態を変えていく日が来ることを、
心から願っています。
だから絶対に諦めずに行動し続けていきます。

それでは!

forest.jpg
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。