Welcome to my blog

「一生思い出に残る楽しい家づくり」を追求する、岩倉市の社長・丹羽剛仁の日記

愛知県岩倉市の工務店=ニワホーム株式会社の社長として日夜奮闘中の私・丹羽剛仁(♂・47歳)が、毎日の生活の中で見たこと・感じたこと・考えたことをざっくばらんに書き記します。

 豊川稲荷で商売繁盛祈願

みなさん、こんにちは!
ニワホームの社長、丹羽剛仁です。

昨晩から豊橋市にある妻の実家に来ています。
新年二日目の今日は朝10時過ぎにそこを出て、
家族揃って毎年恒例の豊川稲荷への初詣に出掛けました。
なんてったってここは商売の神様で
日本三大稲荷の一つとして名高いですから
絶対に外せないですよね。

妻の実家からクルマで20分くらいなので
普段なら迷わずクルマで行くのですが、
正月三が日は激混み間違いなしなので
わざわざ豊橋駅までクルマで行って
そこから飯田線の電車に乗ります。

片道の時間は3倍くらいになりますが、
年に一度2両編成でワンマン運行の
飯田線の電車に乗るのがすっかり恒例なので
それはそれで楽しいものです。

豊川駅を降りて5分ほど参道を歩くと
お稲荷さんの山門の前に辿り着きます。
そこをくぐって境内に入ると
拝殿までの長い行列に並ぶことになるのですが、
今年は例年より参拝客が多いのか、
はたまた到着した時刻が遅かったのか、
山門の外に行列の末尾が溢れ出していました。

IMG_1775.jpg


意を決して列に並び、
ゆっくり拝殿へと進んでいきます。
意外とスムーズに流れるもので、
約1時間で拝殿に到達。
狙いどおりどセンターのポジションで
お参りすることができました。

その後は社務所で「宝船」とお札を買ったり、
線香の煙で体中の厄を払ったり、
書院瓦の寄付を納めたりと、
御利益にあやかるためにあれこれ実践。
娘はバレエのコンクールに向けて
絵馬に願掛けしていました。

参拝を終えて豊川駅まで戻ると、
何やら駅前ロータリーに人だかりができていました。
何事かと思ってのぞき込んでみると、
何と大村愛知県知事が演説していました。
演説を終えた知事に近寄って手を差し出すと
握手してくださいました。
僕に続いて娘と息子も握手してもらっていました。
何だか御利益がありそうな得した気分です(笑)。

 *

でもこれで願いが叶うと気を抜いてはいけません。
やはり大切なのは「信じること」と
「願いを叶えるための努力を続けること」です。
一日一日を大切に懸命に生きて、
その成果を報告しきちんとお礼することで、
ようやく新しい年のお参りをすることが
許されるのだと思うんですよね。

即ち、
神様仏様に対しても律儀で礼儀正しい人が
願いを叶えていく人だってことです。

自分自身を振り返ってみると
その点まだまだだと感じずにはいられません。
今年はもっと目標に対して
真摯にひたむきに生きていかなきゃならないなと
決意を新たにした豊川稲荷への初詣でした。

IMG_1781.jpg
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment